tgp2title.jpg(25894 byte)

トキシコゲノミクス・インフォマティクスプロジェクト(TGP2)のホームページへようこそ

oono.jpg プロジェクトリーダー
大野 泰雄

トキシコゲノミクス(毒性ゲノム学)は,toxicology(毒性学)とgenomics(ゲノム学)の 合成語であり,薬物を動物や細胞に暴露して遺伝子発現解析を行うことにより,遺伝子レベルで 毒性発現メカニズムの解明や毒性予測を行う新しい学問領域です.

独立行政法人医薬基盤研究所,国立医薬品食品衛生研究所および製薬企業(15社)は, より安全な医薬品の創製に貢献するために,どのような化合物(医薬品等)がどのような 遺伝子に影響して副作用を起こすかを解明し,副作用が少ない医薬品づくりにつながる 「トキシコゲノミクスプロジェクト(TGP)」を平成14年度から平成18年度までの5年間で実施してきました.

TGPの成果として,150の化合物(医薬品等)をラット個体およびラット・ヒト肝細胞へ暴露 した際の毒性情報および遺伝子発現情報などを収載した大規模かつ良質なデータベースおよび 解析,毒性予測システム(TG-GATEs:Toxicogenomics Project-Genomics Assisted Toxicity Evaluation system) が構築されました.これにより,従来型の安全性試験では難しかった創薬研究の早期段階で医薬品候補化合物の 毒性を効率的に評価・予測することが可能となり,医薬品の安全性研究はメカニズムに裏づけされた毒性発現の リスクアセスメントに向けて大きな一歩を踏み出しました.

これらの研究成果を発展させるべく,独立行政法人医薬基盤研究所,国立医薬品食品衛生研究所 および製薬企業13社は,TGPの継続研究として「トキシコゲノミクス・インフォマティクス プロジェクト(TGP2)」を開始しました.本研究では,非臨床試験・臨床試験の効率化を目的に, (毒性)メカニズムに基づいた安全性バイオマーカーの研究,ヒトへの外挿性の向上およびレギュラトリーサイエンスの基盤整備を推進していきます.

outline.gif(85256 byte)

おしらせ

2008年2月19日
TGP2ホームページを更新しました.
2007年10月19日
TGP2ホームページを公開しました.

トキシコゲノミクス・インフォマティクスプロジェクト
住所:〒567-0085 大阪府茨木市彩都あさぎ7-6-8
独立行政法人 医薬基盤研究所 トキシコゲノミクス・インフォマティクスプロジェクト
電話:072-641-9826 FAX:072-641-9850

Copyright(c) 2008 Toxicogenomics Informatics Project
このページはInternet Explorer 6,画像解像度1024×768 pixelで動作確認しています.